住宅で採用される構造の特徴と耐震性能の違い

住宅には様々な構造がありますが、それぞれに性能や特徴が違いますので、マイホームの建築においてはどの構造を採用するか設計に入る前に決める必要があります。構造の違いによる特徴では、強度と耐久性や耐震性に大きな違いとなって表れてきます。最も着工数の多いマイホームは木造となっていて、木材を組み合わせて作る在来工法と、規格の決められた木材と構造用合板で作るツーバイフォーがあります。在来工法は昔から採用されている工法で、古くは木を差し込んで組み上げる釘を一切使わない工法となっていましたが、現在では建築金物によって施工のしやすさと高い強度を実現しています。最も強度が高い構造が鉄筋コンクリート造となりますが、木造との違いは強度の出し方と耐震性能にあると言えます。耐震性能で比較すれば、木造は木のしなやかさを生かすことにより、ねじれたりしなったりすることで力を吸収し受け流すという性質を持っています。強度の不足する木材を利用し、地震に強い建物とするには木の柔らかさを利用するという逆転の発想によって考え出された構造だと言えます。一方で鉄筋コンクリート造は、コンクリートで作る構造体自体の強度によって地震に耐えるという特徴があります。耐えるという言葉でもわかる通り、高い強度を持った構造体が揺れずに地震力を受け止める性質がありますので、コンクリートの強度が実現している構造だと言えます。鉄筋コンクリート造は耐震構造とも呼ばれていますので、いかに地震に強いかが分かるのです。耐震性能では鉄筋コンクリートで造る住宅が最も性能が高いと言えますが、木造の耐震性能が不足しているという訳ではないのです。現在の建築物は新耐震基準によって設計が行われていますが、新耐震基準によって建築された住宅であれば、地震に対して抵抗する力は十分すぎるといっても過言ではないのです。住宅を建てるには建築確認を受けて法律に適合しているか判断されますので、木造でも耐震性能に対して不安になる必要はないと言えます。